Locotory

宿泊予約サイト「Relux」を運営するLoco Partnersの広報ブログです。

モチベーションUP!社内表彰制度「Loco Award」を、受賞者とあわせてご紹介いたします。

こんにちは、Loco Partners PR担当の桐山です。本日は、社内表彰制度「Loco Award」と2016年10月のLoco Award受賞者をご紹介いたします。

 

Loco Award とは・・・?

Loco Award とは、毎月行われる締め会で、その月に最も活躍したメンバーを表彰する、社内制度です。Loco Awardを実施する目的は、大きく3つあります。

  1つ目は、活躍したメンバーを全員で褒めるため。2つ目は、活躍したメンバーがなぜ活躍したかを全員で共有し、知見を広げるため。そして3つ目は、活躍したメンバーをベンチマークとし、全員で成長するため。

 また、Loco Awardの表彰基準は「100点は平均点、月初に決めたことを、やりきっても100点。当初の目標以上の結果、つまり100点満点中120点の結果を出して初めて表彰対象になる」と明確に定まっているため、毎月、目標以上の成果を出すことを目指してLocoメンバー全員が全力疾走しています。

  そしてLoco Awardには、順位があります!順位があるからには1位になりたいメンバーが多いので、Locoには成長することや目標を達成することに貪欲なメンバーばかりが集まっています。

  Loco Awardの肝心な順位ですが、下記のような構成に・・・。

 

1位 MVP賞
2位 準MVP賞
3位 特別賞

  その他にも、社内で最も活躍したチームを表彰するMVT賞(Most Valuable Team)や最も活躍したマネージャーを表彰するMVM賞(Most Valuable Manager)、Loco’s 5 Valuesを意識して活躍したメンバーを表彰するValue賞、などもあります。これらの賞にふさわしいメンバーを、毎月メンバーが投票によって推薦し、最終的に代表の篠塚が決定します。そのため、締め会でLoco Awardを発表する前に受賞者を知っているのは篠塚のみ。篠塚以外の全メンバーがドキドキしながら、発表を待っています!

  また、毎月MVP賞を受賞するメンバーがいるわけではなく、MVP賞不在の月や特別賞が3名いる代わりに準MVP賞とMVP賞が不在の月なども良くあります。Loco Awardでは「120点」というポイントがとても重視されているんです。

  それでは、いよいよ2016年10月のLoco Award で受賞したメンバーを、それぞれのコメントと合わせて、ご紹介します!

 

Value賞・・・グローバル推進部 リム・ヒテク

  ちょっとだけ予想と期待をしていたけど、本当に受賞できて、嬉しかったです。Value賞は事業の成長に繋がってるというよりも、個人の成長に密接に繋がっている賞なので、来月以降は事業の成長に貢献し、MVPをとりたいです。

 

特別賞・・・技術推進室 UXDチーム 川永 南

  はじめに驚いたという気持ちが浮上し、次にLocoの他のメンバーに比べると、あまりGive精神を意識して動けてなかったなって、少し反省しました。最後に、今月のパーフォーマンスや成果を今後も継続していくために何をすべきかを考えました。今後は、今回学んだことをチームのために活かして、頑張りたいです。

 

準MVP賞・・・グローバル推進部 張 怡敏

  受賞したのは意外でした。今月は個人的に仕事についていっぱい悩んだ1ヶ月でしたが、悩んだ分、ちゃんと仕事の成果として返ってくるのが嬉しかったです。そしてこれは決して私1人だけの成果ではなく、チームのおかげなので、本当にみんなに感謝しています。

  正直、最初は毎月の目標を達成することはかなり不可能だと思ったんですが、今月達成できたので、不可能ではなく、努力すれば達成できる数字だとわかりました。今月の良い点と悪い点を振り返って、今後も目標を達成し続けるために、活かしていきます。」

 

MVP賞・・・技術推進室 三寳 洋

  まったく予期していなかったので驚きました。もう少しちゃんと仮装して置くべきだった・・・と後悔しています。エンジニアの仕事はあまり目につかないと思っていましたが、しっかり見ていただいていることを認識しました。今後は、技術推進室ではもちろん、Loco全体にもっと存在感を出せるようにするようにプロジェクト等を進めていきたいと思います。

 

MVM賞・・・技術推進室 古田 朋宏

  まだまだ足りないところはたくさんあるので、「意外」という言葉が一番最初に頭に浮かびました。しかし、表に出ず人目につかないプロジェクトだけど、Reluxにとって重要なプロジェクトの成果を評価されたことは嬉しかったです。

  本当に技術推進室メンバー全員のおかげです。ありがとうございます。開発案件によるものだけでなく、管理職として部署全体もしくは会社全体への貢献によって評価されるものを増やしていきます。

 

MVT賞・・・グローバル推進部

  最高に嬉しい!!!何よりも、チームとして評価されたというのは嬉しいの一言。日々、ものすごい業務量を、夢と希望と何よりも圧倒的な情熱を持って取り組んでいるチームメンバーの頑張りが、会社全体にも広がっていくれた、伝わったと言うのは本当に嬉しいです。来月もMVT賞取ります!

  他のチームも圧倒的なパフォーマンスを残しているので、それに負けないように、グローバル推進部全員でパフォーマンスを残すことを継続して行きます。そして、マネージャーとしてチームメンバーが働きやすく、且つモチベートされるような環境を提供し続けます。来月以降もメンバー全員で頑張ります!

 

なんと10月はグローバル推進部や技術推進室のメンバーが表彰台を独占!11月は誰が受賞するのか、今から楽しみです♫ もちろん、私も受賞できるようにメンバーと切磋琢磨しながら全力疾走していきます!