Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

行きつけのお店で社長とアツく語った夜。いま新卒の私たちに求められていることとは!?

こんにちは。

Loco Partners 18新卒で組織デザイン部PR担当になりました、金原です。

 

すっかり春らしく、あたたかな季節となりましたね。オフィスのある汐留のイタリア街周辺は、春の日差しがふり注いでとても綺麗なので、歩いているだけで笑顔が溢れます。

 

f:id:loco-partners:20180409194659j:plain

 

(この新卒メンバーとの写真も、イタリア街にて撮りました!)

 



さて、4月2日に入社して今日でちょうど1週間が経ちましたが、さっそく重大なプロジェクトを推進することになり、頭をひねりながら奮闘している毎日です。

成長の機会を多方面から与えてくれる環境に感謝し、楽しんで日々仕事をしています。

現在、Loco Partnersでは会社の規模は急速に拡大、それに伴いメンバー数も急速に増えています。2018年4月現在では従業員数が120名に達し、去年の同じ時期と比べると約2倍だそうです!

 

しかし、入社してまずビックリしたのが、会社の規模が拡大しても経営陣との距離が本当に近いということです。

 

私は現在、社長 篠塚のデスクと非常に近い場所で仕事をしています。どれくらい近いかというと...右斜めに2、3mくらい進むと篠塚のデスクがあります!

距離が近いので、口頭でもコミュニケーションをとることができています。

  

そんな距離が近い社長、GM、そして私たち新卒メンバー5人でディナーへ行った際の話について、今日はレポートしていきたいと思います!

 

Loco Partnersのメンバーもしばしば訪れるという、新橋のとある居酒屋に行ってまいりました。

 

店長や従業員の皆さんも暖かく出迎えてくださり、気合を入れて乾杯〜!

 

f:id:loco-partners:20180409195130j:plain



実は新卒メンバー5人は、営業部、組織デザイン部、技術推進室、事業開発SBUと、配属先はバラバラです。

 

ディナーの場では、どんな経緯で各メンバーがその部署に配属されたのか、社長や経営陣が私たちに期待することなどを篠塚の口から直接伺うことができました。

 

私自身も、自分の配属先の部署が予想外だったこともあり、なぜだろうと考えたり、どういうことが求められているのかがはっきりと理解できていない状態でした。

しかし、私が選考中にも本気でアジアの架け橋になると伝え続けていたこと、学生時代に培ったものなど、全てを考慮しての人事配置であったことをディナーの場で知りました。

 

篠塚と話しながら、これから業務を通じて目指していくべきことが明確に—。

組織デザイン部として、PRとして、会社や組織を日本だけでなく世界にも広めていくこと、そしてそれを実現していくためにどんな行動が必要なのかを知ることができました。

 

もう一つ、ディナー中で印象的だったのは、「先輩をつきあげていく」というお話。

 

Loco Partnersでは、2015年より新卒採用を行なっていて、初めて新卒入社した先輩は、Reluxがローンチされるかされないかの段階からインターン生として働き、会社やサービスの拡大に大きく貢献してきました。

 今はまだまだ遠い存在ですが、そんな先輩たちを「つきあげる」勢いで働くことで、私たちが成長していくだけではなく、先輩たちも負けじとさらに活躍していくというお話でした。

 

「新卒として組織に新しい風を吹かせること」

これこそが、私たちに求められていることだと感じました

そんな真面目な話をしていると、お店の店長さんが〆の卵かけご飯を持ってきてくださいました!

 

 

f:id:loco-partners:20180409194706j:plain

こんなに大きな卵かけご飯は初めて見ましたが、美味しくいただきました!

店長さん、ありがとうございます!

 

 

Loco Partnersの未来について社長 篠塚やGMと熱く語り、最後に大きな卵かけご飯も食べて、お腹も心も満たされた夜でした。 

 

そしてディナー後に、新卒メンバーからも意気込みを教えてもらったので、ご紹介します!

 


自分自身に期待することを聞くことができて、また改めて頑張ろうと感じました。ジョインしてから2年間たったけれど、社長は変わらず気さくで面白くて勉強になる話をしてくださります。—営業部 川田

 

みなさんが良い意味で「おせっかい」であり、Giverが多い会社だなと思います。与えてもらった以上にGiveができるよう、毎日を大事に過ごしていければと思います。—事業開発SBU 松井

 

自分が何をやりたいのか、そのために何をすべきかという問題を社長に考えさせるのは大変勉強になりました。これからの仕事で答えを探しながら自分のいろんな可能性にチャレンジしたいです。—技術推進室 卓

社長とのディナーで組織は自分に何を求めているのかということが知れてよかったです。責任をもちつつ、新卒として暴れていきたいと思います。—事業開発SBU 受田



以上、【社長×新卒Dinner】のレポートでした!

 

新卒として会社に新しい風を吹かせ、5人で切磋琢磨しながら邁進していきます!

 

これからよろしくお願いいたします。

f:id:loco-partners:20180409194643j:plain