Locotory

宿泊予約サイト「Relux」を運営するLoco Partnersの広報ブログです。

Locoメンバーに大人気!美味しいをシェアして気軽に交流できる「スピンランチ」とは?

こんにちは、Loco Partners PR担当の桐山です。本日は、Locoメンバーに大人気の「スピンランチ」についてご紹介いたします。

 

「スピンランチ」とは・・?

スピンランチとは、「その日偶然あつまった仲間と、ちょっと美味しいランチへいこう」をコンセプトに、定期的に企画されているランチイベントです。Locoでは10月に全社研修があり、チームに分かれてグループワークを行いました。研修テーマは、「社内コミュニケーションのさらなる活性化 」。

  新しいメンバーをはじめ、メンバー全員が社内コミュニケーションをもっと積極的にとり、「社内を活性化していこう!」という想いでこの研修テーマは設けられました。研修内容は、チームごとにテーマに合わせたアクションプランを練って発表し、メンバー全員で優勝チームを決める、というもの。

  Locoの未来にも関わる、大切なアクションプランを練るということで、全8チームそれぞれにおいて、熱いディスカッションが展開されていました。

 

  そして、アクションプランを発表する時間に・・・。

 

  各チームが「今すぐにでも実行したい!」というナイスなアクションプランを続々と発表していました。全チームの発表が終わった後は、Loco恒例の全員で1番を決める投票タイムへ!その投票により、見事に優勝に輝いたチームがこちら!

 

  部署やポジションに関係なく、誰でも気軽に参加できるランチイベントを定期的に企画し、「その日偶然あつまったメンバーと一緒にランチタイムを楽しもう!」をコンセプトにルールなども企画されていました。

ルール

1)あらかじめ決まっている料理のジャンル表(例えば、中華やイタリアンなど)から、各メンバーが「今日食べたい」ランチを決め、ジャンル表の下に自分の名前を記入
2、料理のジャンルごとに決まっている出発時間があるため、時間になったら、ランチへ出発!

  社長からインターンまで、全メンバーが気軽に参加できるランチイベントであったため、「ジョインしたばかりの新メンバーでも他部署のメンバーと気軽に交流できる」「毎回メンバーが変わるため、新たな交流機会が生まれる」「美味しいランチを一緒に楽しみ感動を共感することで、日々のコミュニケーションもとりやすくなる」など、たくさんのプラス効果が期待され、最も多くメンバーの支持を集めました。

  では、なぜ「スピンランチ」という名前になったのでしょうか・・?実は、全体研修の発表の段階ではまだ「スピンランチ」という名前はありませんでした。そこで、名前の由来を探るべく「スピンランチ」の名付け親であるRelux編集長の佐藤に聞いてみました。

 

  佐藤:スピンといえば「回転」をイメージする方が多いのではないでしょうか?でも実はこの言葉、糸を紡ぐ、話す、めぐらせる、急回転させる…など、Locoの新しいランチイベントにぴったりの様々な意味をもつのです。ランチを通して社内のメンバー同士で会話をたのしみ、関係やきっかけを紡ぎ、そのめぐりの中でより強いつながりや組織の新たな展開が生まれていく。そんなランチになるようにという想いを込めて、「スピンランチ」と名付けました。

  こちらは実際のスピンランチの様子です。

 

実際に参加したメンバーからも大好評!

— 参加していたメンバーの仕事以外の一面を知る機会になって良かったなと思います。

— フラットな場で仕事の話をすることで気軽に意見を言えたり、どんな考えを持って仕事に臨まれているのかが分かったりと、とても充実した時間を過ごすことができました。

— みんなでホテル旅館好きを語れて、すごく良かった・・・。

  「スピンランチ」に込められた想いが、まさに形になっていますね!今後も社内のイベントやコミュニケーションについてご紹介してまいります。