Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

きらめく英虞湾を眺めながらのんびり時を過ごす贅沢~日本のLocalを愛してやまない私の視点から~

 こんにちは、営業部の井上です。紫陽花がきれいな季節がやってきましたね。

 

さて、本日は三重・志摩エリアの魅力をご紹介させていただきます。

志摩は古代より「御食国(みけつくに)」と呼ばれ、皇室・朝廷に海産物を貢いだとされているほど素晴らしい食材が豊富に採れるエリアでもあります。2016年には「伊勢志摩サミット」が開催され、世界中に名が知れ渡りました。

 

 

そんな志摩エリアのフラッグシップホテルといえばこちら。志摩観光ホテルさまです。

宿泊エリアは2タイプに分かれており、まずはじめに志摩観光ホテル ザ クラシックさまをご紹介します。

 

f:id:loco-partners:20180531182347j:plain

 

1951年に開業し、天皇陛下や海外の賓客を迎えてきた志摩観光ホテルさま。

館内には建築家・村野藤吾が手がけたといわれる「ザ クラブ」の梁を使用したバーやサミットの際に首脳陣が会合を行った机など、歴史の重厚さを感じられるスポットが盛りだくさん。

 

f:id:loco-partners:20180531182458j:plain

f:id:loco-partners:20180531182551j:plain

 

小説『華麗なる一族』の冒頭シーンに登場するレストラン「ラ・メール ザ クラシック」には、画家・藤田嗣治の大きな作品が飾られています。

 

f:id:loco-partners:20180531182605j:plain

 

お部屋は赤を基調としており、落ち着いた上品さと華やかさを感じる空間です。

 

f:id:loco-partners:20180531182633j:plain

 

宿泊者限定のラウンジでは、眼前にひろがる英虞湾をお楽しみいただけます。そしておすすめはリスニングルーム。CD700枚、レコード80枚の中から季節ごとに選定された音楽を聞けるお部屋で、音の質が違いました…!

 

f:id:loco-partners:20180531182654j:plain

f:id:loco-partners:20180531182709j:plain

 

続いて、隣に位置する志摩観光ホテル ザ ベイスイートさまにお邪魔しました。館内には、なんと50,000粒もの本物の真珠が使われているのだとか。このお写真は、約9,000粒の真珠を使ったシャンデリアです。

 

f:id:loco-partners:20180531182726j:plain

 

志摩観光ホテル ザ クラシックさまとはまた違う、シックな和の雰囲気のお部屋が迎えてくださいます。

 

f:id:loco-partners:20180531182744j:plain

f:id:loco-partners:20180531182757j:plain

 

屋上庭園からは、きらめく海を一望できます…!湾が入り組んでいるため、1年中穏やかなのだとか。

 

f:id:loco-partners:20180531182810j:plain

 

歴史や文化を肌で感じながら、壮大な自然を前にのんびり時を過ごす贅沢を味わえる、志摩観光ホテル ザ クラシックさまと志摩観光ホテル ザ ベイスイートさま。

週末の息抜きに、そして夏休みのご旅行に、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

rlx.jp

rlx.jp