Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

【MVP受賞インタビュー!】圧倒的な成果へのヒントは「仕組みと組織作り」

こんにちは!組織デザイン部の上原です。

 

4月に行われた全社合宿で、2017年度で最も活躍したメンバーを表彰するLoco Awardの発表がありました。

 

今回は通期MVPを受賞したプロダクト統括部マーケティンググループの前本に、MVPが受賞できた理由と、今すぐにでも真似したくなるような取り組みをインタビューしました。 

 

f:id:loco-partners:20180621171711j:plain

前本 航太(Kota Maemoto)
1993年生まれ、早稲田大学卒業。メキシコへの1年間の留学。帰国後、在学中にLoco Partnersでインターンに参加し、マーケティングを担当。2016年10月にLoco Partnersへ新卒でジョイン。主に宿泊予約サービスReluxのプロダクト改善を担当。2017年4月よりマーケティング統括部プロモーショングループのリーダーとして、Reluxの国内外集客を統括。


  

 

 

ーまずはじめに、普段の業務内容について教えていただけますでしょうか?

マーケティング統括部プロモーショングループのリーダーとして、Reluxの国内外集客を統括しています。

デジタル・オフラインマーケティングなど、Reluxのカスタマーを最大化するためにできることを考えチームで実行しています。また、最近ではグローバルマーケティングにも携わり、海外のカスタマーにReluxを認知、利用いただけるように取り組んでいます。 

 

f:id:loco-partners:20180621190249p:plain

 

ー 今回のMVP受賞の要因はどこにあると思いますか?

2017年度の通期MVPを受賞することができたのは、通期目標に掲げていた「会員登録目標」と「予約金額目標」を達成できたことが大きかったと考えています。

私が所属するプロモーショングループが追いかけていた目標は、サービス目標とほぼ同義なため、もちろん自分ひとりで達成できる数字ではなく、全部署の貢献あってこその達成でした。その中でも、プロモーショングループの出した集客成果とそれまでのプロセスを評価いただけての表彰だったと考えています。

また、プロモーショングループとしての成果も個人では到底出せないもので、チームとして動き、チームとして達成できたものだと思っています。本当にチームみんなのおかげで達成できた目標でした。

 

ー 目標を達成するために行ったことはありますか?

昨年度はサッカー選手の香川真司氏にRelux公式アンバサダーとして就任いただいてKOLマーケティングを実行したり、Reluxとしては初めて動画を活用したマーケティングにトライしたりと、大小さまざまな施策を放ちました。

どれかひとつの施策が大ヒットしたわけではなく、細かい施策の積み重ねによって達成されたと考えています。その目標を常に追いかけ、サービスをグロースさせる施策を放ち続けるための「仕組み作り」「組織作り」を行ったことで目標達成に効き、成果が出せたのではと振り返っています。

 

f:id:loco-partners:20180621190355j:plain

 

「仕組み作り」・・・具体的には?

KPIとその達成度の可視化です。

具体的には、KPIシートをGoogleスプレッドシートを活用して作成し、とにかくここを見れば会員登録や予約金額に対する進捗状況も、各広告の成果状況も、使ったコストも、KPIに関連する必要な情報はすべて見えるようにしています。

そして、シート自体も一部を除き、各データソースからいかに自動でデータを引っ張り統合するかを考え、設計されています。

とにかく「誰でもいつでもKPIと現在の達成度を確認でき、その更新もとことん楽にして継続して運用できる」。そんな仕組みを作りました。

 

f:id:loco-partners:20180621185018p:plain

 
改めて説明していても、とてもシンプルなことをやっていますが、ここを徹底的にやりきれているところは少ないです。とにかく対目標で今どこにいるのか、達成しそうなのか、達成しないのか。そこの見える化をする仕組み作りをしていました。


ー では次に、「組織作り」とは?

先ほどお話したようにKPIをチームで追いかけ、メンバーもチーム目標を意識して自発的に次の施策を考えられるようにするという組織作りです。

プロモーショングループでは、毎朝必ずチームで朝会を開いており、そこでKPIシートを活用しながら対目標に対する数字進捗の確認をしています。毎日繰り返し同じ数字の話をすることでメンバーにも追うべき数字理解が浸透しますし、チームとして目標を追いかけることができるような組織になってきます。KPIシートを作って満足ではなく、それを活用して施策に落とし込める組織を目指して実行していました。

毎朝の数字確認の中で、目標に届かなそうなのであれば、それはなぜで達成させるためにできる施策はないのか、そんな会話が自発的に出るチーム全員が全体KPIを気にする「仕組み」と「組織」を作り、目標達成に執着して施策を放ち続けたことが、昨年度の目標達成と通期MVPに表彰いただけたことにつながったと考えています。

 

ー ありがとうございます。最後に今後の目標を教えてください!

今までは日本のお客さまの集客を中心にしていましたが、グローバルマーケティングも同じチームで担当することになり、海外に向けてのマーケティングにも注力していきたいと考えています。訪日旅行の文脈でもReluxの存在感を出していけるように頑張っていきます! 

 

▽MVP前本の所属するマーケティング統括部では仲間を募集中です!

www.wantedly.com

 

▽その他採用情報はこちらから

recruit.loco-partners.com