Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

【コンマネ連載|第3回】旅の始まりをつくる、クライアントサクセスチーム

こんにちは。Loco Partners コンテンツマネジメントグループの佐藤です。

連載第3回目でご紹介するのは、コンマネグループの「クライアントサクセスチーム(通称:クラサクチーム)」と、そのお仕事です。その名の通り、このチームはReluxのクライアント=全国の宿泊施設さまの成功体験の創出を担います。

Reluxに存在する1,800もの宿泊施設ページは、クラサクチームとLocoの営業チーム、宿泊施設のみなさまが協力してつくりあげてきました。

 

▶過去の記事はこちら

 クライアントサクセスチームのミッション

f:id:loco-partners:20180702172440p:plain
▲赤色の部分がクラサクチームの主な業務

クラサクチームのミッションは、Reluxにご掲載いただく宿泊施設さまのページの量と質を担保し、正確で適切な情報をカスタマーへお届けすること。

・宿泊施設のページがなければ予約ができない
・Reluxのコンテンツはほぼすべてが宿泊施設のページにリンクさせるかたちで作られている

ので、Reluxの情報発信の根幹ともいえるミッションを担っています。

 

始まりをつくるチーム

f:id:loco-partners:20180702182413p:plain
▲基本の業務フロー

クラサクチームとしての業務のゴールは、宿泊施設のページを公開し、予約受付けが可能な状態にすることです。最初に宿泊施設さまとのつながりをつくってくれるのは、全国各地を飛び回る営業チーム。そして、多忙な彼らに代わって宿泊施設さまのページ制作をお手伝いするのが、クラサクチームです。

重要なのは、「ページの公開」というクラサクチームにとってのゴールが、Reluxにとっては始まりだということ。Reluxで予約受付けができてはじめて、実際に旅が生まれます。だから、クラサクチームは「始まりをつくっているんだ」ということを、大切なポリシーとしてチーム内でも共有しています。

 

お手伝いは「コミュニケーション」

お手伝いの内容は、予約受付け開始までの「すべての準備」と言っても過言ではありません。Reluxへのログインに必要な情報のご連絡、販売開始のためには必須のシステム連携のサポートなどなど。メールとお電話で、毎日いくつもの宿泊施設さまと密なコミュニケーションをとっています。

宿泊施設さまも、日々のお客さま対応や業務の合間を縫って準備をしてくださいます。そんな宿泊施設のみなさんがスムーズ、かつ的確に作業を進められるように、メールや電話の内容やタイミングを工夫しているのもクラサクチームの特徴です。 

 

f:id:loco-partners:20180702182147p:plain

▲アプリからみたページ(右)とPCからみたページ(左)

 そして、実際にできあがるのがこんなページ。 お写真の並びや紹介文章の内容、そのほかのプラン・基本情報など、すべてクラサクチームと宿泊施設さまの最終確認を経て、ようやく「予約受付け開始」となるのです。

最終確認まですべてクラサクがおこなうのは、宿泊施設のページもひとつのコンテンツと捉えているから。妥協せず、大切につくりあげています。

 

クライアントサクセスチームのやりがい

一番のやりがいは、カスタマーに旅を届けられること。そして、大切なパートナーである宿泊施設さまとともに、それを感謝しあえることです。宿泊施設のページをReluxでお披露目する旅に、新しい旅が生まれることへの期待で胸がいっぱいになります。

クラサクチームと宿泊施設さま、どちらが主従の関係になるのではなく、二人三脚で協働しながら旅の芽を育てていける。成功体験を一緒につくっていける。そんなやりがいが、クラサクチームにはあります。

 

さいごに

そんなクラサクチームでは、営業チームや宿泊施設のみなさまと協力して旅を生み出してくれる仲間を募集しています!気軽に応募してみてくださいね。

 

佐藤 里菜(さとう りな)

1991年生まれ、成蹊大学出身。大学時代、1年間の休学期間を経て2013年の夏からインターン生としてLoco Partnersへ。2015年4月に社員として入社し、Relux編集部の編集長を務める。2018年現在の主な業務は、Reluxに関連するコンテンツ、Loco Partnersに関する情報の監修など。