Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

【HR HACK!】急拡大する組織で運用する評価制度をご紹介

こんにちは!営業本部長の徳山です。

社内の仕組みや制度について、不定期でお話しています。今日は評価制度について。

 

f:id:loco-partners:20180629091536j:plain

Loco Partnersは創業7年、メインプロダクトである「Relux」をローンチしてから5年というまだまだ若い会社です。

メンバー数は常に増加傾向ですが、指数関数的に増え始めたのはここ2年くらいの話。プロダクトグロースにあわせて組織も変化していきました。

変化にあわせ、様々な仕組みを少しずつ整えてきた背景があります。

 

人事制度「Loco Grade」

いわゆる等級制度として、導入したのがLoco Gradeという仕組みです。

十数段階のGradeに分かれており、正社員は必ずいずれかのGradeに属しています。

総合職メンバーについてはこのGradeがほぼ役職とも連動しています。(100%ではない)

そして、半期ごとの成果・評価に基づいてGradeの変更が行われていくという仕組みです。成果によって同一Grade内で昇給が行われることもあれば、発揮している役割の幅が拡がってGradeが上がる、といった具合いになっています。

といってもこのLoco Gradeの考え方を導入したのはまだまだ最近のこと。試行錯誤の真っ最中です。メンバーにもまだまだ伝わりきっていない部分はあるかと思いますが、このGradeを上げていくことを目指し、上長と常にコミュニケーションしています。

エンジニアを中心とした専門職メンバーも今は同じLoco Gradeの仕組みを活用していますが、総合職メンバーと少し異なるのはGradeと役職が一致していないこと。専門職として個人で発揮する力が重要なので、必ずしも組織に対する影響力と連動はしないという考え方です。

総合職と専門職と違うGradeにすべきという整理もありえますし、働き方や人の多様性を受け入れるにあたり、制度自体も作り変えるなど進化させなければならないと考えています。

 

評価はOKRとValue

では、その半期ごとの評価をどのように判断しているのか。

それはOKRとValueを足し合わせた考え方を用いています。今のところ50%:50%としています。

 

OKRの考え方も今年の4月から導入したばかりですが、全メンバーが自分のやるべきことを明確にし、工夫をしながら全社の目標達成に向けて走っていくために運用を始めました。定量的な目標管理をOKRが担っている設計です。

一方で、主に定性面をカバーしているのがValue評価。Loco Partnersには「Locoship」と総称する5つのValueがあります。これをどれだけ体現しているかどうか、がこのValue評価になります。

Valueを評価するは分かりにくいと言われることもあるのですが、「人によって体現度合いが違う」という話をよくしています。例えば「OWNERSHIP」というValueについて、入社初日のインターンが右も左も分からないながらも任された仕事を全うする(代表電話に出てみる、など)OWNERSHIPと、会社・業界の代表する立場として経営陣が発揮するOWNERSHIPは影響範囲が違う。この範囲を広げていくことは、社内外における個のプレゼンスを高めていくことであり、成長軸として目指していくべきと考えています。Value評価の仕組みはMBOに近いコミュニケーションで、どんな行動を目指すかということを上司とすりあわせるようにしています。

 

そして、このOKR(定量面)とValue(定性面)がセットであることが最も重要なポイントです。いかにOKRで成果を出していても、Valueを体現できていなければ評価は半分。例えばわかりやすそうな例として、「ONE TEAM」というValueがあるのですが、定量目標は大きく達成したけどチームのことは全く考えておらずむしろ迷惑をかけたりしている場合などです。

そして逆もまた然り、というわけです。 

f:id:loco-partners:20180727125909j:plain

Loco PartnersのValue『Locoship』

 

 

インターンにもGrade

ここまで、正社員向けの制度を話してきましたが、Loco Partnersでは長期インターンにもGradeの考え方があります。

インターンは週3日以上、半年以上という条件で、各部署で社員同様のミッションにアサインされています。そうした日々の業務を通じた成長にあわせて、Gradeが上がっていきます。基本的に時給制なのですが、Gradeが上がっていくとGrade手当が追加で付与されるような仕組みです。

成長意欲、チャレンジ精神の強いインターンのメンバーにとって、必ずしもGradeを上げることだけが目的ではないようですが、1つの指標として活用しています。

 

f:id:loco-partners:20180719183153j:plain

先日オフィスに来社された香川選手と。たくさんのインターンが活躍中です。

 

 

一緒に採用など組織づくりに携わってくれる社員、インターンともに募集しています!

recruit.loco-partners.com