Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

【Locoインターンズ日誌 Vol.6】組織をデザインするー。Loco Partnersにはそんな素敵な部署があるらしい。

 
こんにちは。
Loco Partners 組織デザイン部 インターンの有園です!

f:id:loco-partners:20180809193531j:plain

組織デザイン部インターン(左:有園、右:好美)
 
Locoインターンズ日誌も今回で6回目。
 
▼前回の記事
 
組織デザイン部という馴染みのない名称の部署に所属する私が、日々の業務の様子や1年を通して学んだことについてお話しします。
 

組織デザイン部とは

まず始めに、私の所属する組織デザイン部とは一体どんな部署なのか。

あまり他の会社では聞かない部署名を説明するために、名前につけられている「デザイン」の語源をご紹介します。

デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、「計画を記号に表す」という意味のラテン語「designare」である。 また、デザインとは具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。

ー引用:デザイン - Wikipedia

 

f:id:loco-partners:20180808180102j:plain

合宿で撮影した組織デザイン部の集合写真

つまり、組織デザイン部とは「組織の具体的な問題を解決するために思考・概念の組み立てを行う部署」です。

一般的な会社でいうと「人事」と呼ばれる部署に該当しますが、Loco Partnersでは設立当初から組織デザインという名で親しまれています。

  

私が組織デザイン部にジョインした理由

私がLoco Partnersに出会ったのは、昨年の7月のこと。

きっかけはWantedly*1上で届いたスカウトメッセージでした。面談を通して自分が関心を持っていた「組織」と「人」に関われる業務ができるということ、そして何よりLoco Partners自体に魅了されたことで選考に進むことを決意。

当時のLoco Partnersでは、ちょうどこれから諸問題が続々と勃発すると言われる「100人の壁問題」に直面するフェーズでした。そのような環境下で、Loco Partnersで初となる、「人事インターン」としてジョインすることになりました。 

 

日々の業務内容

組織デザイン部はリクルーティンググループとコミュニケーションマネジメントグループの2グループに分かれています。全メンバー10人のうちインターンは2名で、両チームを兼務して日々の業務に取り組んでいます。 

 

リクルーティンググループ

新卒・中途採用と入退社対応やイベント企画などを採用に関すること全般を行います。具体的には、応募者の情報登録、面談日程調整、求人票作成という作業系のものから、採用イベントの企画運営までを指します。

昨年度から本格的にスタートした新卒採用の立ち上げにも携わり、各種媒体でのスカウトや書類審査、座談会の運用、400人規模の新卒説明会の集客や企画運営も行いました。また、インターン採用に関して外部エージェント会社と打ち合わせを重ねて採用戦略を考えたりするのも業務の1つです。

Wantedlyの運用も任されていて、日々のフィード(採用広報ブログ)記事更新や求人ページの管理等もオーナーとして取り組んでいます。 

 

コミュニティマネジメントグループ

評価・査定、研修・育成、社内組織活性として社内広報、各種イベント企画などを行います。具体的には、新しい社内のルールを作ってマニュアル化することや、入社時のツールセットアップやフォロー、毎月行われる締め会などの社内イベントを運営しています。社内のメンバーがより快適に過ごせて、組織を活性化できるように、各部署の要望や課題と向き合っています。

Loco Partnersは、手を挙げれば何でも経験させてくれる会社です。所属部署内の業務に限らず、サテライトオフィスの開設プロジェクトなど全社に関わるプロジェクトや、部署を横断する業務にも携わることができます。 

 

1年を振り返ってみて

1年を振り返って学んだことはたくさんあります。特に実感しているのは、素直でいることの大切さと、スピード感を持って業務をする重要性です。(詳しくはこちら

そしてもう1つ、自ら負荷をかけて行くことで自分のキャパシティーがどんどん広がっていくということも身を持って経験しました。最も実感したのは、サテライトオフィス開設プロジェクトと社外の人を招いて行うイベントVisit Locoの立ち上げを並行して進めていたときです。 サテライトオフィス開設については、初めに上長に言われた一言が、「サテライトオフィスを開設するので、タスクの洗い出しから初めてください。」でした。

f:id:loco-partners:20180808180633j:plain

完成したサテライトオフィスの一部

どんな場所にどんな種類の届け出が必要なのか、電話やインターネットLAN工事をどう進めるのか、そもそも電話を設置するかどうかなど、決まっていないものが多い状態でした。

過去の移転時に使ったタスク一覧を参考にしながら、手探りで管理シートを作成し、その後も書類作成や家具の選定発注やDIY*2の計画など様々な業務がありました。 

そんななか同時に進めていたのが、社外の方を招いた異業種交流会Visit Locoの立ち上げです。自分で考えた大枠を元に部署メンバーで話し合い、チームメンバーにタスクを割り振りながら当日までの準備を進めていきました。

 

f:id:loco-partners:20180724121610j:plain

f:id:loco-partners:20180724121706j:plain

第1回Visit Locoの様子

イベントの企画に苦手意識がありましたが、前回開催したイベントで思うように進められなかったのをバネにかなり力を入れて取り組みました。もちろん、Visit Locoに対しても改善点はたくさんあるのですが、立ち上げから開催までの一区切りをやり切れたのは、本当に良い経験でした。 

採用業務や入社業務などの日常業務と並行して複数のプロジェクトを進めるのはかなり大変です。キャパオーバーになり、壁にもたくさんぶち当たりました。が、一度やりきったものは次もできるようになっているので、乗り越えた分自分のキャパシティーが広がりました。振り返ると今までの人生で、何事にも余裕を持てる範囲で行動してきたことが多かったように思います。Loco Partnersのインターンを通して、負荷をかけることでどんどん成長を実感できるという楽しさを感じるようになりました。 

 

おわりに

人事インターンの業務内容と私自身の1年間の振り返りをお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

f:id:loco-partners:20180809181714j:plain

2017年四半期のMVT(Most Valuable Team)獲得祝いのディナーにて

 

Loco Partnersのインターンはどの部署でも得るものが多いですが、組織デザイン部インターンに限定したものでいうと、

1. 同年代の誰よりも就活の裏側について詳しくなる

2. 外部の人事や人材業界の知見がある方と関わりながら就活の相談もできる

3. 全メンバーと関わりをもつことができる

4. 大抵のイベントの集客や計画が立てられるようになる

5. 細部まで気にかけられるようになる

などの経験ができますよ! 

Loco Partnersはいたるところに「機会」が転がっています。

自分で取りに行かないと何も経験はできませんが、手を挙げると何でも任せてくれる環境が整っています。近年、長期インターンを経験する学生も少なくないですが、数あるインターンの中でもダントツで、短期間で成長できる会社だと思っています。

とにかく成長したい、一流のビジネススキルをつけたい、高みを目指す仲間と一緒に切磋琢磨したい、4年間の学生生活を誰よりも充実させたい・・・などなど、当てはまる人はぜひ一度オフィスに足を運んでみてくださいね。  

 

▼組織デザイン部インターンの応募はコチラからどうぞ!

 

 

recruit.loco-partners.com


 

*1:Wantedly(ウォンテッドリー):「はたらく」を面白くするビジネスSNS。サイトはこちら

*2:DIY(ディー・アイ・ワイ):しろうと(専門業者でない人)が、何かを自分で作ったり修繕したりすること。英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやる」の意。