Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

住まいはなんと熱海!?新規事業を牽引する若きエース・受田が、Loco Partnersに入社した理由。

こんにちは、Loco Partnersの受田です!(社内のあだ名は、「うけ」です。)

2018年から新卒として入社し、現在はVacation Homeチームを担当しています。

 

f:id:loco-partners:20181011174813j:plain

 


私はもともとLoco Partnersで長期インターンをしていて、当時はVacation Home(現在の所属部署・民泊事業を行なう)、人事、マーケティングの3部署を兼務していました。

 

インターン時代に複数部署を兼務しながら、マルチタスクをこなしていく方法を自分なりに身につけていきました。

 

▼当時の様子がわかる記事はこちら

民泊事業の立ち上げに、人事やマーケティングも担当!3部署を兼務しているからこそ得た「多動力」に必要な3つのスキル。 - Locotory | Relux広報ブログ

 

そして今日は、

  1. Loco Partnersでのインターンを経て、なぜ新卒で入社することを決意したのか
  2. 現在新卒として何をしていて、今後何を目指しているのか

この2点について、ご紹介したいと思います!

 

なぜ入社を決めたのか

そもそも私は総合商社の内定をいただいていましたが、そのあと某人材系ベンチャー企業の社長と出会い、その社長がつくりだす会社の雰囲気に惹かれ、総合商社の内定を辞退した背景があります。

 

そして、卒業までの残りの学生生活に何をしようかと考えていたとき、一度大都会である東京に出て(当時は関西に住んでいました)、新しい世界を見てみようと思いました。そこで出会ったのがLoco Partnersの長期インターンだったのです。

 

もともと旅が好きで、さらに大学時代にITにも興味があったため、宿泊予約サイトを運営するLoco Partnersの事業に惹かれました。

 

冒頭でも書きましたが、私はインターン時代にVacation Home、人事、マーケティングの3部署を兼務、さらにインターンリーダーも務め、かけがえのない経験をしました。

その経験をしていくなかで、内定をいただいていた某ベンチャー企業の内定をも辞退し、Loco Partnersに入社をするという、2度目の大きな決断を下したのでした。

 

Loco Partnersに入社を決めた理由としては、大きく3つあります。

 

1.成長市場

インターンで民泊事業に携わり、これからまさに変革していく旅行市場に身を置きたいと考えるようになりました。Vacation Homeでの経験により、10年後自分がどうなっているかを考えるとワクワクしました。

 

2.会社環境

インターン時代からの経験を通して、自分がやりたいことに対して筋が通っていれば実行まで移すことができ、さらに自分次第でいくらでもチャンスをものにできる環境に面白さを感じました。

 

3.働くイメージ

インターンをしていたということもあり、Loco Partnersという会社で今後何をやり、どんなことにチャレンジしていきたいのかを、明確に描くことができたということです。

 

特に1と3が、大きな理由となりました。

会社や市場が成長しているかどうかというのは重要なことです。

成長を続けていれば、その分事業自体が伸びていくので、どんどん「ヒト、モノ、カネ」を割いていきます。そうすると裁量ある仕事も、リーダーやプロジェクトなどもどんどん生まれていき、市場のなかで自分の価値も高まっていきます。

 

また、働くイメージについては、私が山口県出身で、いずれ山口県のためになれるようなことをしていきたいと思っていました。地元への貢献の仕方として、どういう取り組みが自分にとって幸福度が高いかを考えたとき、人材ではなく、「観光」という軸で地域に関わっていく自分を想像でき、より楽しんで仕事ができているだろうと思いました。

 

今やっていることについて

現在、私はVacation Homeチームにて、施設への営業から掲載、PRまで幅広い業務を行なっています。新規事業でのやりがいは、すべてを自分たちが決めて実行できるということです。

Reluxの事業においては、施設への営業は営業部が、掲載はコンテンツチームが、広告などマーケティングはプロモーショングループがやったりと、分業体制により効率化されています。

一方で、Vacation Homeという新規事業の場合は、すべてを私たちでやる必要がありました。各部署がやっていることを理解できる上に、逆算してマルチタスクをこなすスキルも身につきます。

 

f:id:loco-partners:20181011133310j:plain

登壇時の様子

 

私には目指すべき通期の数値目標があり、自分が中心となって引っ張っていくべきチームもあります。目標の実現に向けてチーム一丸となって取り組んでいくためには、逆算思考や行動計画をしっかり立てて道筋を示していかないといけません。

行き当たりばったりではいられない厳しい環境にいるからこそ、この上ないやりがいを感じています。

 

これから成し遂げていきたいこと

まずLoco Partnersで目標としていることは、Vacation Home事業の通期目標の達成と、Loco Partnersにある評価制度である、チームでのMVT(最も優れたチーム)の受賞です。目標をしっかり達成することはもちろん、Vacation HomeチームでMVTを受賞を狙っています。1人では追うことのできない目標を、自分の引っ張るチームのメンバー全員で苦楽を共にしながら目指し、達成したいです。

 

またタイトルでも書いたように、私は今熱海に住んでいます。 今後は、熱海でシェアハウスやゲストハウスを運営しようと動いています。

 

関西から東京へ出てきてインターンをしていた当時、住居を持たず、知り合いの家に荷物を置かせてもらい、ホステルやゲストハウスで寝泊まりするといった生活を送っていました。

  

f:id:loco-partners:20181011133445j:plain

 

このように、こだわりやものの所有ではなく、平日は会社の近くで、休日は都会から離れた田舎でというように、機能として選ぶ「新しい住居のかたち」が受け入れられる時代がやってくるのではないかと考えています。

 

シェアリング エコノミーの概念が、衣食住の「住」にも当てはまるのではないかというイメージです。「週末 別荘暮らし」など、まずは熱海でつくってみたいですね。

 

f:id:loco-partners:20181011134256j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

  

recruit.loco-partners.com