Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

オフィス増設プロジェクトをリーダーとして完遂!バックオフィスで大活躍の佐藤に、MVP受賞者インタビュー!

こんにちは!

Loco Partners 組織デザイン部 インターンの益田です。

 

今回は、2018年7月から3ヶ月間の第2クォーターで、見事MVPを受賞した経営管理部 佐藤にインタビューしました!

f:id:loco-partners:20181218131559j:plain


—Loco Partnersでは、どんなお仕事をされていますか?

私は経営管理部に所属していて、その中の経理グループと総務グループの仕事を行なっています。経理業務では会社の売り上げや数字をしっかりと計上することを主な仕事とし、総務業務ではみんなが困ったことがあったときにサポート対応するなど、メンバーを支えられることは極力何でも対応できるようにしています!

 

—今回、MVPを受賞されてどんな気持ちでしたか?

受賞を聞いたときは、想像していなかったので本当にびっくりしました!私の部署は「縁の下の力持ち」でメンバーのサポート側にまわることも多いです。

クォーターのMVPという大きな賞を取れたことで、受賞の嬉しさと同時に「みんながバックオフィスについて見てくれている」ことを知れて、すごく嬉しくなりました!

 

—どのような取り組みが受賞につながったと思いますか?

一番は、現在のFactoryというオフィス増設プロジェクトのリーダとして、がむしゃらに取り組んだことがMVP受賞に繋がったのではないかと思います。

 

本プロジェクトでは、自部署だけでなく他部署のメンバーを巻き込んで縦横無尽に駆けまわりました。バックオフィスでの業務は大きく目立つというよりは、縁の下の力持ちでメンバーを支える仕事がほとんどなので、具体的に何をやっているのかは周りには見えづらかったりします。ですが、今期は部署をまたいで多くのメンバーを巻き込んでプロジェクトを推進していたので、その行動が周りのメンバーに影響を与えられていたのではないかと思っています。 

 

仕事をしていく上で、これだけは曲げられない!など意識していることはありますか?

Locoshipの中でいうとOWNERSHIPを自分の中で一番意識しています。

 

Locoship:はたらく上で大切にしたい、Loco Partnersの共通の価値観

BE HONEST 「人に、数字に、自分に、全てに素直であれ。」

ONE TEAM 「1つのチーム」

OWNERSHIP 「高い当事者意識」

ROCKET SPEED 「Speedこそベンチャーの最大の強み」「最高速度のアウトプット」

FAIL HARDER 「激しく、失敗せよ」「大胆に失敗しよう」

 

先ほど話したオフィス増設プロジェクトでのエピソードですが、外部の業者の方とのやりとりも率先して行ない、責任感をもって取り組みました。また、チームのメンバーに動いてもらえるよう声がけをし、巻き込んでいくことを意識しました。

実は本プロジェクトのメンバーは、これまでLoco Partnersのオフィス移転・増設を経験したことがないチーム編成でした。メンバー以外にもプロジェクトには、しのさん(代表 篠塚)と徳さん(当時人事部のマネージャー 徳山)も参加していたので、「役職のあるメンバー」と「会社に入社したてのメンバー」という新鮮な環境だったからこそ、OWNERSHIPが発揮できたのではとも思っています。

OWNERSHIPはオフィス増設プロジェクトに限らず、経営管理部の普段の業務でも意識していて、月初は請求書の処理な度で大変ではあるのですが、自分のタスクだけではなく、他のメンバーのタスクにも目を向けてサポートし、自部署全体の業務を責任持ってやっていくようにしています。

 

経営管理部の雰囲気を教えてください。

メンバーからは、「和気藹々としてるね」とよく言われます。
Loco Partnersでは、業務のことは基本的にSlackというコミュニケーションツールを使用しているので、オンライン上で物事が進み、口頭で話すことが少なくなることもあります。Slackは記録にも残るし、プロジェクトの進捗状況を可視化できるなど利点はたくさんあります。しかし経営管理部では、二人三脚でタスクをこなすことが多いので、その場ですぐに解決していけるように口頭で会話することを意識しています。

一般的には黙々と作業している印象のある仕事と思う方もいるかもしれませんが、意外とコミュニケーションは取れているんです!また、業務上で全部署の人と関わることが多いからこそ、他部署の人たちが気軽に声をかけやすい雰囲気をつくっていけるようにも心がけています。なので「話しかけやすい」と言われることがとても嬉しいですね。

 

今後、Loco Partnersでどのような存在になっていきたいですか?

直近の目標は、「ばんちゃん(Loco Partnersでのあだ名)に聞けばなんでもわかる、すぐ解決する!」そんな存在になりたいと思っています!

もし、専門的なことでわからないことでも、わかる人にすぐつなげられるような社内のパイプ役となって、きちんと最後まで見届けるようにしていきたいですね。これから益々Loco Partnersが大きくなると、1人では抱えきれないことが多くなっていくと思います。そんなフェーズだからこそ、バックオフィスの第一人者になってみんなを引っ張っていけるよう努めていきたいです。

 

f:id:loco-partners:20181127120138j:plain

 

 

今後チャレンジしていきたいことはありますか?

現状では、やらなければならないことに集中して駆け抜けている状態ですが、今後はもっとしっかりと土台をつくり、会社を支えられるようにしていきたいです。メンバーも増えていくなかで、新しいシステムも導入するなどを通じて組織体制をより強化していきたいと考えています。

今経営管理部での私の立場は、マネージャーとメンバーのちょうど中間なので、メンバーを育成しつつも上長の負担を減らしていきたいです。さらに、いつか再びオフィスの移転や、支店レベルのオフィスを開設するときは、プロジェクトメンバーに私を選んでほしいと思っています(笑)

 

最後に読んでくださったみなさんへメッセージをお願いします!

Loco Partnersの経営管理部は、「何でも屋であるからこそなんでもやりたい!やってみたい!」という人は生き生きとできる環境だと思います。私も前職から今までいろんなことに挑戦してきましたが、そのことが今とても役に立っていると実感しています。特に、Loco partnersのメンバーはみんな人がいいからこそ、メンバーのために働きたいと思える場所ですね!