Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

好きなことで生きていきたい。ファーストキャリアでLoco Partnersを選んだ理由〜Why Loco!19新卒Ver.〜

こんにちは、Loco Partners 19新卒内定者の金光穂夏です。

今回はWhyLocoシリーズということで、なぜファーストキャリアでLoco Partnersを選んだかをお話しします。

f:id:loco-partners:20190329140716j:plain

これまでの経緯

【〜高校時代】
横浜生まれ・横浜育ちの生粋のハマっ子です!(※横浜郊外です)
とにかく好奇心旺盛な性格で、できることはなんでもやってみたい!という精神で生きていました。特にスポーツにおいては、中学ではバレーボールのキャプテンをつとめ、高校ではラクロス部でがむしゃらに頑張って、チームメンバーの中からMVPに選出されるなど力を入れて取り組んでいました。

【大学時代】
高校生までは授業が毎日6,7限まであったり、部活動の拘束時間が長かったりと、ある程度の縛りの中で生きていて、ずっと学校に閉じ込められるのが窮屈でしたが、大学生はそれに比べてはるかに自由です。
自由な環境に置かれると、とうとう好奇心旺盛な性格が開花(笑)
興味あることに貪欲に取り組むようになりました。サークル、ゼミ、アルバイトやインターンなど、様々なことに挑戦しながら忙しい日々を過ごしていました。

その中でも地域・旅行という軸を持っていました。地域に関しては、大学のゼミで「住民主体の持続可能なまちづくり」を目的に千葉県の大多喜町において地域づくりの活動をしていました。旅行の軸では、大学2年生の夏からベンチャー企業で海外オプショナルツアー企画の長期インターンを。そして大学3年生からはLoco PartnersでReluxのページ作成をメインに長期インターンを行ってきました。

 

就活期の心情の変化
次に私の人生でもっとも大切な就活期の心境の変化についてお話しします。

【1】「好きなことで生きていく」マインドへのシフト

人生をガラリと変えたマインドは「好きなことで生きていく」ということです。
これまでの人生を振り返ると、周りの評判や他者ばかりを気にして、世間的によしとされるほうへ進むべきという精神が強くありました。大学までは偏差値という指標で示すことができるけれど、就活は自分の納得感がもっとも大切だと知った日から、やっと自分と向き合うことを始めました。

向き合った結果、
・好きなことを仕事にして、誇りを持って働きたい
・体験の選択肢を増やすようなWebメディアやサービスが好き
・好きなことや趣味を仕事に結びつけられていなかった
ことがわかりました。

【2】就活の軸


自分の進みたい方向がわかってからは、かなり特殊ですがWebサービスを就活軸として置いていました。共感できるサービスを展開する会社の選考を受け、働いている人や環境などをたくさん見てきました。

【3】ベンチャーを選んだ理由


今の時代、新卒でベンチャー企業に飛び込むことは差ほど珍しいことではありません。しかしやっぱりベンチャーを選んだのにも理由があります。それは個として成長し、結果的な安定を実現させることです。(※ここでの安定は、自分の生活を守れるくらいの仕事ができる状態のことです) 

実は自分はめちゃめちゃ安定志向です。できたら終身雇用で死ぬまで同じ会社で仕事が保証された生活があればいいのにと本気で思ってました。しかし激動の時代の今は、いわゆる「安定した会社」はほとんどないに等しいと思っています。
自分が求めるような「会社の安定」がこの世にないならどうするか。会社に依存せず、社会で個として生き抜く力をつけることで、結果的な安定を実現させればいいのではないか。

しかし個として社会で生きていくスキルをつけるには相当な努力が必要ですよね。その相当な努力を積むために、自分が共感し大好きな旅行や地域へダイレクトに関われるのが、自分にとっては非常に魅力的に感じました。例えば営業部なら宿への直接訪問したり、コンテンツグループでは宿泊施設の魅力を引き出すコンテンツを作成したりなどです。

「好きこそ物の上手なれ」とも言われますが、好きなことなら自然に継続力もあがり、個としての成長に繋がります。スキル獲得によって個として社会の中で生きる力をつけ、結果的な安定を実現させたいと思っています。

f:id:loco-partners:20190329140752j:plain

 

新卒入社を決めた理由

大学3年生の時にLoco Partnersへインターンとしてジョインした理由や、ジョイン直後の話などは以前別の記事で書かせていただいたので、今回は割愛させていただきます!

【Locoインターンズ日誌 Vol.7】何事も「Why(なぜ)」を追求し、仕事の楽しさを見出しました! - Locotory | Relux広報ブログ

 

【生涯かけて叶えたいこと】

私が生涯かけて叶えたいことは「体験の選択肢を増やして、日本・世界中の人々を幸せにする」ことす。
すべて自分自身の経験に基づきますが、

・選択肢を持つことで人生は豊かになる
・モノではなく体験を通してのみ得られる「幸福」や「感動」を届けたい
・新しいモノコトとの出会いを通して人生は充実する

 

という思いがこの言葉にはこもっています。上記のビジョンは就活中に見つけたものでした。というより兼ねてよりこのビジョンは潜在的に存在して、自分で気づけていなかったという言い方が正しいですね。気づいた時は自分の点と点が繋がって線になった感覚で、すごく気持ちよかったのを覚えてます。

終わりに近づいてきましたが、ファーストキャリアでLoco Partnersを選んだ理由を2軸でお伝えします。

 

【1】事業内容への共感
Loco Partnersのミッションである「つながりをふやす」に共感しています。特に、旅行を通して日本の地域を元気にしていきたいという思いが込められたReluxというサービスは本気で成長させていきたいです。 また旅行という娯楽の体験を通してカスタマーに幸せを届けることは、「娯楽の過ごし方の選択肢を増やして、日本・世界中の人々を幸せにしたい」という自分の方向性とも合致しています。

【2】カルチャーや人財
会社には「会社を使って人の成長に繋げる」というカルチャーがあり、それを聞いたときは本当に驚きました。人は会社のために働くことが当たり前だと思っていたわたしの心が許された気がしたのを覚えています。 
さらにLoco Partnersにはたくさんの熱い想いを持った人がいます。クールそうに見えても熱い想いを持っていたり、また情熱を全面に出している人などさまざまです。そんな人たちと1つのチームとして同じ船に乗って進む感覚は素直に楽しいと感じます。

自分もそうしてもらったように、熱心に育ててくれる文化にも感謝しているし、また自分も後輩を育てていきたいと思っています。

f:id:loco-partners:20190329140813j:plain

これから挑戦したいこと

入社後は、娯楽の過ごし方の選択肢を増やして、日本・世界中の人々を幸せにしていきたいです。4月より営業部への配属が決まりました。営業部の仕事であるReluxへの掲載施設数を増やすことはすなわち、娯楽の過ごし方の選択肢を増やすことの根幹にあると思っています。入社後はたくさんの挑戦を重ねて、自分と会社の成長に繋げていきたいです。

最後に

自分の想いやLoco Partnersを選んだ理由を中心にお話してきましたが、選択肢に正解なんてないんですよね。自分で選んだ道を、正解にしていけるよう4月から頑張ります!

 

 Loco Partnersでは通年採用を行ってます。
少しでも興味を持っていただいた方は、ぜひ採用ページもご覧ください!