Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

組織デザイン部で1Day合宿!部長からインターン生までお互いを理解し合い、チームで最高のスタートができました!

こんにちは。組織デザイン部インターンの横山です!

 
先月のマーケティング統括部の合宿に続き、組織デザイン部でも1Day合宿を実施しました。

blog.loco-partners.com



会場は横浜ランドマークタワー内ドックヤードガーデンにある、シェアスペース「BUKATSUDO」。
落ち着いた雰囲気で、休憩時にはオリジナルのコーヒーや本を読みながらくつろげるスペースが用意されていました。
 

f:id:loco-partners:20190726185916j:plain

シェアスペース「BUKATSUDO」
組織デザイン部は、主に人事業務を行なっており、Loco Partnersの新卒・中途採用から、研修や組織活性化の制度作りなど行なっています。


2019年度に入り、メンバーが増え、チームとしてパワーアップはしたものの、お互いの理解度が足りないと感じる場面も。そこで今回は「ONE TEAM」のレベルを高めるため、1日かけての合宿が行われました。

 

合宿のテーマ

7月に入り2クォーターが始まった今、同じ方向をむいて走りきれるよう、今回は2つのテーマを掲げ、合宿は始まりました。

 

f:id:loco-partners:20190726191538p:plain

 

プログラム1:自己理解・自己開示
・Willの明確化
・360度フィードバック
・取扱説明書、行動計画表の作成・発表

プログラム2:価値観のすり合わせ
・戦略発表
・部長・GMによるパネルディスカッション

 

プログラム1では「チームの結束を強くする」ため、まずは徹底的に「個人」にフォーカス。自分がどんなことにモチベーションややりがいを感じるのかを知った上で「Will」を明確化し、360度フィードバックではそれぞれの「Can」についてや、日々期待している「Must」について話し合う。自分の立ち位置を知った上で、掲げた「Will」に足りないギャップを埋めるためはどんなスキルが必要か?などを具体的な行動計画表に落とし、発表しました。


プログラム2では、「同じ目標を見る」を目的とし、2クォーターの戦略発表と、日々メンバーが疑問に思っていることや戦略に関する質問などを部長・GMへぶつけることで疑問や不安を解消する時間になりました。

当日の様子をお届けします!


まずはアイスブレイク

アイスブレイクは、会場近くの横浜ランドマークタワーにちなみ、チームでペーパータワーを作成するというゲームを行いました。ルールは簡単で、A4サイズの紙を使い、いかに高くタワーを作れるかチームで競います。

f:id:loco-partners:20190726192220j:plain

他チームが組み立て準備の時点で高いタワーを作っていた、一番右のチームが優勝!


少ない制限時間の中で「スピードを保つ」「大胆な紙の使い方をした」チームが優勝しました。ROCKET SPEED、FAIL HARDERがカギとなったようです。


ワーク(1) Willの明確化

自己理解のフレームワークに「Will・Can・Must」というものがあります。
簡単に説明すると、

Will=やりたいこと
Can=できること
Must=やらなければならないこと

これらを考えることで、自己理解ができるだけでなく、自分の目標ややりたいことが明確になります。
今回はこの中でも自分の「Will」を考える上で、自分のモチベーションになるものを見つけるべく、モチベーショングラフを事前に作成し、挑みました。


チームに分かれ、お互いのモチベーションマップについて質問し合い、その会話からモチベーションの源泉やキーワードを見つけます。
自分の生い立ちを振り返りながら、どんな時にモチベーションが上がったか、下がってしまったかを1人1人丁寧に紐解き、そこから見える「Will」をそれぞれ決めました。

 

f:id:loco-partners:20190726192446j:plain

それぞれがモチベーションに感じるものや大切だと思うものをポストイットに書き出し、優先順位を決めていきました。

 


ワーク(2)360度フィードバック

2つめのワークでは、自分と他者の強みや弱みを話し合い、相互理解をするために360度フィードバックを行いました。


360度フィードバックでは、自分の「Can」についてや、日々期待している「Must」について、上司や同僚、部下など、幅広い立場にある人の視点から意見をもらいます。
事前にメンバー全員がお互いに良い点・課題だと感じる部分を挙げてもらい、それを「自分が知ってる x 他人が知ってる(公開)」と「自分が知らない x 他人が知ってる(盲点)」に分類します。
特に「自分が知らない x 他人が知ってる」部分を正しく認識し、公開の部分を広げることで、さらに自己開示ができるようになります。

グループワークではそれぞれ良い点は強みとして認めて褒める、課題については正直に意見を伝え、最終的に解決策をチーム全体で話し合いました。

f:id:loco-partners:20190726192626j:plain

解決策に加え、具体的な行動に落とし込むところまで、話し合いを続けました。



ワーク(3)行動計画表・自分の取扱説明書の作成

最後に、ワーク(1)とワーク(2)で明確にした自分のAs is(現状)とTo be(あるべき姿)のギャップを埋めるための具体的な行動と、それを周りにも知ってもらうために行動計画表・自分の取扱説明書の作成を行いました。



まずはワークで認識をした、自分のモチベーションや「Can」・「Must」から設定した個人「Will」と、それに向けての行動をまとめた、行動計画表を作成。
次にメンバーの「経験」「感覚」「志向」「能力」を明らかにするため、自分の取扱説明書を作成しました。
それぞれをメンバー全員の前で発表し、伝えることで、相互理解を深めました。

 

f:id:loco-partners:20190726193237j:plain

 


戦略発表パート

ワークでそれぞれの目標や行動が明確になったところで、部長の徳山より2クォーターの戦略発表がありました。

組織デザイン部が全体で同じ目標を見ながら走れるよう、チームごとの役割や目標を再確認しました。

最後に

普段と違う環境で1日かけてお互いを理解し、目指す姿を再確認した1Day合宿。
チームとしての団結力が深まっただけでなく、目標に向かって共に走り抜ける準備が整いました。
それはお互いを理解し合えただけでなく、個人の良い点を認め、課題解決の提案ができたからこそだと感じました。


パワーアップしたチームでこれからも走り抜けます!

f:id:loco-partners:20190726193027j:plain




▼メンバー募集中です!
Loco Partnersに興味をお持ちいただいた方、ぜひ一度オフィスに遊びに来ませんか?

recruit.loco-partners.com