Locotory | Relux広報ブログ

一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux」の広報ブログです。

ウィンターインターンシップ『Beyond』優勝チームの皆さんと上海へ行ってきました!

こんにちは!組織デザイン部の岡田です!


3月にウィンターインターンシップ『Beyond』を開催し、見事優勝を勝ち取った学生5人とともに、優勝商品の「上海ツアー」に行ってきました!

※『Beyond』の詳しい内容はこちらから

blog.loco-partners.com



今回は、盛りだくさんの3泊4日の「上海ツアー」の様子をお届けします!


優勝チーム「af吉」のメンバー

今回優勝したのは、「af吉」チーム!

f:id:loco-partners:20190731144004j:plain

今回の『Beyond』では、数百名の応募の中から、1Day選考会、面接等を経て、1泊2日の本線に参加できたのはわずか25名(5名5チーム)。

その中から優勝したこちらの精鋭5名の皆さんが、上海ツアーの参加者です!改めて、本当にお疲れさまでした!


DAY1

早朝に上海・浦東(プドン)国際空港に到着。

休憩とホテル周辺の散策の後、少し早い昼ごはんは小籠包!早速中国の魅力に取り憑かれ始めた「af吉」チームのメンバーたち。

 

f:id:loco-partners:20190731144554j:plain

 


午後からは、中国子会社 代表 門奈と合流し、現地のビジネスやITの最先端を体感しました。

 

待合せ場所は「Starbucks Reserve Roastery Shanghai」。

ここは「世界で最も大きく、かつ美しいスターバックス」と言われています。上海や世界に数あるスターバックスの中でも高級路線のお店です。

f:id:loco-partners:20190731144622j:plain

f:id:loco-partners:20190731144701j:plain

店内では、巨大なミルや焙煎機、パッケージ化されて天井のレールで運ばれるコーヒーを眺めることができます。また、コーヒーカクテルや窒素ガスを注入したお茶など、グルメ志向のドリンクもあったりと、メニューの豊富さだけでも楽しめます。

驚くべきは、ドリンクや簡単なデザートや軽食だけで、2名で5000円くらいはしてしまう価格帯。
もはや「カフェ」ではなく、コーヒーを通じたエンターテイメント、おしゃれなデートスポットと化しています。スターバックスは上海の中心地を舞台に様々な実験をしているのだそうです(門奈談)。



続いて、「Nio」「Byton」「Tesla」といった「次世代の自動車」のショールームへ。

f:id:loco-partners:20190731144730j:plain

f:id:loco-partners:20190731144745j:plain

写真からもわかる美しい車体。これらは欧米の高級外車メーカーやGoogleの自動車運転の幹部が参画してデザインされており、タッチパネルや音声コントロール、カメラセンサーによる自動制御システムなど最新機器も搭載されています。

Bytonは店内でVRによる乗車体験もできました。

さらに驚くべきは、Nioは2013年、Bytonは2017年にできたばかりのEV(電気自動車)ベンチャーだということ。中国のEVベンチャーはヒト・モノ・カネが集まり、すごい勢いで伸びているのだとか。

 


さて、休憩がてら次の体験、「luckin coffee」へ。

f:id:loco-partners:20190731144821j:plain


2017年に誕生した「luckin coffee」は、誕生から1年9ヶ月でアメリカのナスダックに上場し、今では2,300店舗を超えるまで成長した企業です。

モバイル決済の整った土地柄、張り巡らされたデリバリー網、優秀な経営陣によるマーケティングや財務戦略などなど、コーヒー1杯から中国のユニコーン企業の凄さを学びました!


その後は、Loco Partnersの中国子会社へ。社長の篠塚、中国子会社に在籍するメンバーとも合流しました。

f:id:loco-partners:20190731144842j:plain

 

中国子会社は、上海でも人気が高まっているシェアオフィス内にあります。モバイル決済に対応した無人コンビニなどがあり、仕事に集中できるとても良い環境です。

 


また、オフィスの隣にある、上海市内でも人気を誇るスーパーマーケット「盒馬鮮生(フーマー)」も見学してきました。

アリババの運営するスーパーマーケットは、正に「次世代の物流サービス」。

f:id:loco-partners:20190731144912p:plain


決済は基本的にモバイル決済(AliPay)のみというこのスーパーマーケット。無人レジで、生鮮食品はなんでも揃います。

さらに、牛乳などの冷えたものから、店内の生け簀で泳いでいる魚介類など、どんなものでも3km以内であれば30分以内にデリバリーされるというサービスも特徴です。

店内で買い物をする人ももちろんいるのですが、店舗によっては売上の半分以上がオンラインデリバリーなのだそうです。


そうしてお腹も空いてきたところで、夕食は北京ダックの名店「大薫 Dadong」へ。

篠塚、門奈、東京から出張に来ていたマーケティング統括部の黄、そして「af吉」チームのメンバーで、改めてBeyondの優勝を祝いました。

f:id:loco-partners:20190731153026j:plain

最後には、晴れて内定者となったメンバー2名へのサプライズもありました!
経営幹部と非常に近い距離で、色々な話ができ満足いただけたようです。


こうして盛りだくさんの初日も終わりました。


DAY2

2日目は中国子会社の李に上海市内を案内してもらいました。

あいにくの雨でしたが、上海タワーのある金融の中心街を訪れた後、伝統的な面影を残す「田子坊」を散策。開発されていない伝統的な路地に、自然発生的にあつまった数々のお店には、お土産や食べ歩きができる店、工芸品やおしゃれなTシャツなど面白いものが沢山ありました。

f:id:loco-partners:20190731145001j:plain

 


散策が一段落したところで人気の「喜茶(Heytea)」を訪れました。
今中国の若者に人気沸騰中の飲み物が、こちらのクリームチーズティー!

f:id:loco-partners:20190731145023j:plain


お茶だけでなく、ジュース、スムージーに、少し塩っけのあるクリームチーズが絶妙に合います。

混んでいると数時間待ちとなることもザラにあるそうですが、実は田子坊を散策している間に、李がモバイルでオーダーしてくれていました。さすが、上海ローカルは心強い…!

luckin coffeeもそうですが、上海市内では多くの飲食店でモバイル予約、そのまま決済、出来上がり時刻に店にピックアップしてテイクアウト、というとても便利な買い物体験が根付いています。



夕食後は、100万ドルの夜景を見に、再び上海タワーの見える「外灘」まで帰ってきました。

ここで旅も折り返し。

f:id:loco-partners:20190731145126j:plain


DAY3

3日目は、中国の新旧のアートに触れる一日。

午前中に向かったのは、上海の新しい芸術と文化のランドマーク「TANK Shanghai(上海油罐芸術中心)」。もともとは航空燃料のタンクをリノベーションされた新しい美術館です。

ここで開催されていた大規模な展示「teamLab: Universe of Water Particles in the Tank」に行ってきました。

そう、日本でも大人気の「teamLab」がなんと上海に出展していたのです!

f:id:loco-partners:20190731145155j:plain

f:id:loco-partners:20190731145223j:plain


目玉はこちらの展示。ゆっくりと移り変わる四季と花々。そして水の流れは、人のいる場所を避けて通るインタラクティブアートになっていました…時間を忘れる現代アート。

この日は平日にも関わらず、親子連れやカップルなど、観光客以外にも少なくないビジターがいました。



その後は教育・伝統周りの見学に行きました。次の目的地は「七宝」エリアです。

まず最初に「上海交通大学」の七宝キャンパスへ。

f:id:loco-partners:20190731145340j:plain


メインのキャンパスは別にあり、李によると小さなキャンパスとのことですが、広大なグラウンドだけでなく、写真のような緑と自然あふれるキャンパスでした。

上海交通大学は中国の大学ランキングでも5指に入る超難関大学です。キャンパスを散策しながら、現地学生のキャンパスライフを想像していた一同でした。



そして次はこのエリアの目玉、「七宝老街」へ。

上海のとなり、蘇州は「東洋のヴェネチア」とよく称されますが、上海にもいくつか「水郷」(河に沿って残る伝統的な町並み)があります。

こちらの七宝老街は、数ある水郷の中でも、上海市内から地下鉄でアクセスできるとても便利なエリアです。中国の伝統的なお菓子や臭豆腐、お茶屋さんや工芸品などを見てまわりました。

f:id:loco-partners:20190731145432j:plain

 


そして最後は市内に戻り、「豫園」へ。

明代(16世紀)から残る伝統的な建築や、沢山のお土産屋さんが楽しめる庭園です。

f:id:loco-partners:20190731145459j:plain


モダンアートから教育、伝統的な街並みと、色々見て回った日も締めくくりです。

DAY4

最終日は、お昼過ぎのフライト。

ホテルからほど近い小籠包のお店で朝ごはんを食べ、皆を空港までお送りしてお別れでした。

f:id:loco-partners:20190731145533j:plain


参加してくれた学生の皆さん、ありがとうございました!!


最後に

私自身、上海は人生2回目でしたが、単なる観光では味わえない、現地のライフスタイルの面白さ、スピード感、ダイナミックさなど、沢山の学びがあり貴重な体験となりました。

また、この記事の中で紹介したのは、ツアーのほんの一部です。
紹介できなかった世界の最先端のIT・IoT関連の最新サービスや食の魅力、人の魅力、そこからの学び等々…
観光目的の旅ではなかなか体験できない、中国・上海の魅力を、今後もお届けできる機会を作りたいと思います!

 

 

少しでも共感してくださった方、興味を持ってくださった方は、一度お話しませんか?▼20・21新卒も募集中です!

newgrads.loco-partners.com