Locotory | Relux広報ブログ

宿泊予約アプリ「Relux」の広報ブログです。

新卒1年目の教科書〜20代に社会人として大切にすべきたった1つの価値観とは〜

クリスマスまであと1日。1年目からグローバル事業の責任者になり、入社4年目にして最年少執行役員となった門奈に20代で大切にすべき価値観を教えてもらいました。

圧倒的に急成長を遂げたグローバル事業の責任者として大切にしてきたこととは?

f:id:loco-partners:20191227125415j:plain

イベントにてチームメンバーと

プロフィール・門奈剣平(もんな けんぺい)

1991年生まれ。日本人の父と中国人の母をもつ日中ハーフで、2007年まで上海で生まれ育つ。2015年に慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年より株式会社Loco Partnersに入社。2015年にGlobal事業責任者を務め、訪日事業を大幅にグロースさせることに貢献。2017年より中国子会社の代表に就任。2019年4月に執行役員に就任。現在は、中国・台湾・香港・韓国・英語圏のマーケティング統括や世界の大手旅行企業との大型提携など幅広く推進。  

インターン時代を経て、Loco Partnersへジョイン

2012年にインターン生としてLoco Partnersにジョインしました。3年ほどインターンをした頃そのため、外の世界を見ようと就活をしました。

世間的に一流と言われている大学だったので、同級生たちは大企業ばかりをみていましたし、商社から外資金融まで名だたる企業に内定をもらっていました。

私もそういう意味で大企業に行く選択肢はありましたがLoco Partnersに意思をもって入社しました。

肩書きなしに実力で戦う環境を社会人1年目から得られるし、目先の給料を大きくするよりも、金銭価値に換算できない経験を買えます。

またちょうどその時期に、訪日事業の新規立ち上げがあり、(1年目なのに)その責任者としてキャリアをスタートすることができることも魅力の1つでした。

 

20代で大切にしたいたった1つの価値観

私は20代はひたすらに「バラエティ」を最も大切にする、というのを常に意識しています。ちきりんさんのキャリアのVSOPを読んだことがきっかけです。

 

===以下要約===

20代はバラエティ。

何かを専門にするのではなく、とにかく色々な幅を利かせられるように経験を積むことが大切な時期。色々な経験をとにかく買って出る。

 

30代はスペシャリティ。

色々な経験を積み、幅広く自分の好き嫌い・得意不得意がわかった段階で初めて、スペシャリストとしての専門性を磨いていく。20代では変に焦って、自分の得意不得意/自分の限界を決めてしまうのはもったいない。20代は苦手なことを克服する&向き合うことは大変重要になってくる。

 

40代はオリジナリティ。

専門性に加えて、「自分にしかできない〇〇」を増やしていく。20代で幅を出して、30代でも努力して専門性を出して成長し続けていくからこそ、次にあなたならではのオリジナリティ、ユニークさが価値になっていきます。

 

50代はパーソナリティ。

最後は「この人だから一緒に働きたい/この人だからついていきたい」という素敵な人間になっていくのがパーソナリティです。そうすることで自分や周りの人々の人生を豊かにしていきます。

 

===(気になる方はブログもぜひ読んでください)===

 

こういう風に、時期別に大事にする価値観が変わってきます。

いま私はグローバル事業責任者の立場にこそなりますが、それでも、多くの新卒1年目の皆さんと同じく、まだ20代であることは同じです。とにかくバラエティを大切に、色々な仕事に手をあげて挑戦し、どんな苦手な場面でも成果を出すことを意識してきました。

 

グローバル事業を新規でスタートした2015年4月から今までずっとグローバル担当なので、社内では「グローバル事業をずっとやってる人」とみられていることがありますが、事業が急成長してるのでやっている内容は非常に変化に富んでいます。
グローバル事業部の中でも、例えばBtoBでは世界の超大手企業との大型交渉から、緻密な計画を立てた上でのシステム開発ハンドリング、BtoCではかなり巨額な有料広告のプランニング設計やコンテンツ戦略、ほかにも、2年前に立上げた上海子会社の代表としての経営管理などなど、携わってきました。

目の前の仕事を常に120%レベルでやりとげる、ということ。幅広く、とにかく全力でやってきました。バラエティがあることが大事なので、経験したことがないからわからないとか、自分の大学の専攻じゃないからわからないとか、外国語をしゃべれないとか、そういう言い訳を絶対しないようにしてます。(※わたし実は中国語が母語で、元々は、敬語とかいう以前に日本語自体が少し苦手でした笑)

今は中国語が話せることを生かして、上海をベース生活&仕事をしています、いつか、韓国とかインドとかに、なじみがない場所に転勤だ!と言われても、たぶん喜んで飛んでいくと思います。というかそうなれるように企んでます(笑)

とにかく、何度もいうようにいまはバラエティを意識して、行動量とスピード感をもって、自分の幅を広げてます。

その中で色々と自分の得意不得意が見えてきたので、Locoに入社して数年経ちますが、非常によかったと思ってます。

f:id:loco-partners:20191227125458j:plain

上海のメンバーと、目標達成した際にお祝いで

 

最後に

社会人になる前/なりたての時は、どうしようとあれこれ迷うのではなく、目の前にあることをとにかく全力でやりきることが大事だと思います。全力でやったからこそ見えてくる世界があり、それが必ず後に繋がってきますので、安心してぜひ全力投球してみてください。

また、少しでもLoco Partnersに興味ある方は、こちらからご応募ください!

newgrads.loco-partners.com