Locotory | Relux広報ブログ

「泊まりたい」が見つかる宿泊予約アプリ「Relux」の広報ブログです。

アフリカまで行って自分のミッションに気づいた私が、新卒で旅行ベンチャーを選んだ理由〜Why Loco!20新卒Ver.〜

こんにちは、20卒内定者の生駒比奈子(いこまひなこ)です。 クリスマスまで後7日ですね!

20卒内定者が入社の理由を語る、「Why Loco!」シリーズをお届けします!

 

「私」という土台を作り上げた幼少期~中・高校時代

広島県の田舎で生まれ育ちました。「私」という土台を作ったと言っても過言ではない時期は、保育園時代です。

海・山と暮らすような環境で過ごしました。4歳で浮き輪を外して泳ぐようになるなど、負けず嫌い、挑戦マインドがこの時期に自然と培われていったのかなと、今振り返ると思います。

中高はバスケットボールに熱中していました。県大会で先輩より絶対に上位に行くという信念を全員で持つチームでした。やる気に満ち溢れていた時期に故障をし、プレーヤ―を断念する経験もしましたが、引退までマネージャーとして関わり続けました。

チーム一丸となって向上心を持つことが好きだと気づいたり、どんな立場であってもチームに必要とされる存在になるという思いを育んだ経験となりました。

 

f:id:loco-partners:20191217110626p:plain

中高一貫校で6年間一緒に戦い続けたバスケットボール部の仲間と


途上国にのめりこんだ大学時代と気づいた自分のミッション

大学は、有名国立大学の合格を蹴って、「学びたいこと、やりたいことがここにある」と感じた創価大学に入学しました。社会的名声や人の声を気にせず下したこの決定は本当に良かったと思っています。

大学では1年次にフィリピンに行ったことをきっかけに途上国に対する関心が湧き上がり、様々な機会を使っては途上国の勉強や現地への訪問を行っていました。3年次には「問題の側面しか知らないアフリカのリアルを知りたい」「自分の殻をやぶりたい」という思いで、ケニアに留学しました。

現地で学んだことは非常に多かったですが、中でも自分が成し遂げたい世界観を明確にできたことは大きな学びでした。私は「アフリカのために」という価値観を支えていたもっと土台の部分に、「異なる文化や価値観を持った人々が、偏見や差別なくフラットに向き合える世界観を作りたい」という思いが強いことに気がつきました。留学前は国際協力の道を志していた私にとって、この気づきは大きな転換点となりました。

f:id:loco-partners:20191217110954p:plain

国内旅行で動物とマサイ族に会いに行きました。テレビで見た以上に高くジャンプしていました

 

「Locoのミッションが私のミッションやん!」

Locoのミッションである「つながりをふやす」が、私が人生で掲げたミッションとほぼ同じだったことが入社を決めた理由の1つです。

私は、同期が就活をしていた秋冬にもう一度ケニアに戻っており、就活を本格的に始めたのも2月頭で、広く見て決めたタイプではありません。旅行業界も当初見ていなかったので、Locoの存在も正直3月まで知りませんでした。

母の方が、Reluxを先に使っていたのはここだけの話です(笑)

しかし、就活という大きな流れから一時的に離れて人生のミッションを考えつづけた結果、帰国時には「価値観や文化の壁を乗り越えて人と人が繋り、尊重と協力の和を世界中に広げる」という自分のミッションを持つことができていました。

そんな時に、インターンで優勝すれば上海に行けるという「いきなり上海」のご褒美に釣られて出会ったのがLocoでした。説明会で代表 篠塚がミッションを語っている途中に「あ、これが私のミッションやん!」と感動したことをいまでも鮮明に覚えています。深く考えたというよりは、直感でした。

 

「中の人たちに恋しました」

Locoの中で働いている人たちを気づいたら好きになっていたことも、入社を決めた大きな理由です。

Loco以外で魅力的に感じていた企業さまもあったので、2か月弱かけて決めました。

会社規模もビジネス規模もLocoよりも大きく、もちろんそこでも成長できることは確かであったし、社長の思いに共感をしていたので、正直すごく迷いました。

迷いながらも、Locoのメンバーと話す中で、「心からクライアントであるお宿さんとユーザーさんを幸せにしたい」「大好きな仲間と成長したい」という思いを、全員がもっていたことが非常に印象的でした。愛のある環境が大好きな私なので、気づいたら私も一員になって、自分と会社を全力で成長させたいと感じました。

f:id:loco-partners:20191217111101p:plain

代表の篠塚、Locoのメンバー、インターン優勝チームと一緒に上海支社でパチリ

 

旅を通して国を越えたつながりをふやしたい

Locoで挑戦したいことは、「国を越えてつながりをふやす」ことです。

旅は人を物理的に新たな地に動かし、新しい場所や人との出会いを提供してくれます。些細なことから価値観が変わることや、一生涯の友人が出来ることだってありますよね。私は、旅がもたらす新しい地、新しい人との出会いを通して、価値観の広がりや、国籍などの差異を越えた繋がりを増やしていきたいと思っています。

そのために、旅に行きたいと思い始めるきっかけから場所探し、宿泊先の予約、当日の移動、宿での経験、周辺地域での出会いや思い出づくり、そして帰宅までのカスタマージャーニーにおいて私たちが提供できる価値を最大限にするような挑戦をしたいです。

特に、注力しているアジア圏から訪日する旅行者のニーズを深く理解し、Locoでなければ届けられない価値づくりに挑みたいです!

f:id:loco-partners:20191217111206p:plain

Reluxを使い母と伊豆に旅行した時の一枚。世界中の人に日本の魅力を届けたいです

最後に

最後まで読んでくださりありがとうございました!

私の経験や仕事選びの価値観が少しでもみなさんの役に立てていれば光栄です。

就活は時間もかかるし、他の人と比べてしまったり、自分が何をしたいのか見えなくなってしまうことも多々あると思います。

もし誰かに悩みを吐き出したい、自分の本当にやりたいことを一緒に整理してほしい、と思っている方がいたら、ぜひお話しましょう!(下記のバナーからお申込みいただけます。)

みなさんにお会いできるのを楽しみにしてます~!

 

f:id:loco-partners:20191201081259p:plain